体力を消耗するだけのバックはやめませんか?

バックで気持ち良くなりたいと思う方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

バックで感じやすくなるための方法

 

 

特に男性はセックスのときの体位で
バックが好きな女性は多いのでは
ないでしょうか?

 

 

バックは男性自身が腰を動かす
速さなどを調節できるので、
男性としては1番オーガズムに
達しやすい体位とされています。

 

 

しかし、やり方によっては
バックの性質を生かし切れず
ムダな動きに終わってしまう
こともあるのです。

 

 

そうならないためには
何に気を付ければ良いのでしょうか?

 

女性が身体を支えられる体勢

バックのときに、
男性が女性の腕を男性側に
引っ張ることがあります。

 

 

引っ張る腕が片腕なら
支障はないのですが、
両腕になってしまうと
支障が出てきてしまいます。

 

 

それは、女性が自分の身体を
膝だけで支えなければならなくなる
ということです。

 

 

膝だけで身体を支えるとなると、
安定することができないので
ピストン運動の度に全身が
グラグラとして揺れます。

 

 

それだけでなく、
男性の腰の動きによって起こる
衝撃が女性に受け止めて
もらえなくなるのです。

 

 

つまり、女性の両腕を男性側に
引き寄せてしまうと、
快感を得ることが難しく、
体力が消耗するだけになってしまいます。

 

これでは気持ちいセックスとは言えないのです!

 

バックのときは、
女性が身体を支えられるように
気を配ることが大事です。

 

 

その方法として、
女性の上体を壁などに預けて
安定させてあげましょう。

 

うつぶせバックのおすすめポイント

「バックはしたいけれど、
体力がないからあまりできない」
という方におすすめなのが
うつぶせバックです。

 

 

うつぶせになった女性の上に
男性もうつぶせの状態で寝て、
そのまま挿入をするというものです。

 

 

体力に自信のない方におすすめですし、
途中の休憩として使うのもアリです。

 

 

激しい動きはできませんが、
お互いを近くで感じることができ、
長い時間挿入をすることができます。

 

 

また、うつぶせの状態だと
女性のクリトリスがベッドに
擦れるので快感度もアップしますよ。

 

 

次のページは、座位についての
心得などをまとめました。
座位についての考え方が変わりますよ!

 

 

>>座位の心得とは?に進む

 

>>前戯トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介