上付きでも下付きでも体位による感じ方の違いは少ない

上付きと下付きでは感じ方が変わると思っている方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

あなたは女性器にこだわりがありますか?

 

 

日本では、女性器のなかでも
上付き・下付きと区別をする
ことがあります。

 

 

しかし、上付き・下付きというのは
他の国では特に話題になっていませんし
問題として取り上げられることも
ほとんどないのです。

 

 

そんな上付き・下付きですが、
よく両者では体位によって
感じ方が違ってくるという説があります。

 

 

上付き・下付きとは
具体的にどのような違いが
あるのでしょうか?

 

上付きと下付きの違い

上付き・下付きとは

その呼び名のとおり、
膣口と肛門の間が長いか
短いかの違いになっています。

 

 

上付きと呼ばれる方は
膣口と肛門の間が長いと
いわれています。

 

 

反対に、下付きと呼ばれる方は
膣口と肛門の間が短く
なっています。

 

 

しかし、長い、短いといっても
その差は約1cm未満という
ほんのわずかな差となっています。

 

 

パッと見ただけではわかりませんし、
大きな支障もありません。

 

実際長くても短くてもほとんど影響ありません

 

ただ、下付きの方の場合だと、
出産のときに会陰が裂けてしまい
肛門の方まで傷ついてしまう
ことがあります。

 

 

そのように、
下付きの方の場合だと
出産時に大変な場合があります。

 

 

しかし、時間とともに
いずれは治っていくものなので
気にする必要はありません。

 

上付きと下付きの感じ方

上付きと下付きの方では
セックスのときに感じ方が
違ってくるという説があります。

 

 

果たしてそれは
本当なのでしょうか?

 

 

たしかに上付きと下付きでは
多少の感じ方の違い
出てきてもおかしくないです。

 

 

しかし、感じ方は人それぞれ違いますし
その人の好きな体位や相手との相性
などによっても変わってきます。

 

 

それに、脚の開き方を工夫したり、
できることはたくさんあります。

 

 

上付きだからこの体位では感じにくい、
下付きだからこの体位が良いなど
決まっているわけではないので
自分と相手の好きな体位がベストですね。

 

 

次のページは、膣の形が変わるのか?
という疑問についてまとめました。
女性の膣の柔軟さに驚かされますよ!

 

 

>>膣の形は変化する?に進む

 

>>前戯トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介