実際におしっこを止めても膣の締まりは良くならない

膣の締まりを良くする方法を知りたい方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

本当に膣の締まりを良くしたいと
思っていますか?

 

 

膣の締まりを良くしようとして、
おしっこを途中で止めたりする方が
いらっしゃいます。

 

 

たしかに、膣の締まりを良くする方法と
よく似ていますが実際に
おしっこを途中で止めるのは
身体によくありません。

 

 

では、どうすれば
膣の締まりが良くなるのでしょうか?

 

キーゲル体操が効果的である

キーゲル体操という、
産後の膣を元に戻したり
尿漏れに効果的な
エクササイズがあります。

 

 

キーゲル体操をすることで
骨盤底筋をはじめとする
オーガズム筋が鍛えられます。

 

 

そのキーゲル体操の方法が
おしっこを途中で止めるような
イメージでやることから、
実際に止めてしまう方がいるようです。

 

これは体に良くないです!

 

実際におしっこを途中で止めてしまうと
膀胱炎になる恐れがあります。

 

 

膣の締まりを良くするには、
ちゃんとしたキーゲル体操の方法を
知っておくべきですね。

 

キーゲル体操のやり方

基本的なキーゲル体操は、
少し足を開いて立って
息を吸いながら上の方に膣を
引き上げるようにしてキープします。

 

 

そのイメージがまさに
おしっこを途中で止めるような
感覚になります。

 

 

5秒間キープしたら
力を抜いていきます。

 

 

この動作を5回繰り返せば
キーゲル体操の基本は完了です。

 

 

できるだけ毎日行い、
基本的な動きに慣れてきたら
同じ動作を椅子に座りながら、
又は仰向けになってやりましょう。

 

 

このエクササイズを続ければ
膣の締め付けをコントロール
しやすくなっていきます。

 

膣の締まりをよくして、男性を気持ちよくするためのエクササイズです!

 

時間もかかりませんし、
道具もいらないので
誰にでも気軽に挑戦できる
エクササイズとなっています。

 

男性用のエクササイズ

オーガズム筋は
女性のものだけではありません。

 

 

男性もオーガズム筋を鍛えると、
勃起した時の角度をキープ
しやすくなります。

 

 

男性の場合は
肛門を引き締めながら
上に引き上げるようにすると
良いでしょう。

 

 

次のページは、膣の上付きと
下付きの違いをまとめました。
女性器の構造がわかりますよ!

 

 

>>上付きと下付きの違いに進む

 

>>前戯トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介