ピストン運動はお互いにぴったりな速さを見つけよう

挿入したときに今よりも充実させた時間を送りたいという方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ピストン運動は速ければ良い
と思ってはいませんか?

 

 

前戯から始まって、
挿入しはじめたらそこからの
時間の使い方に気を付けてみましょう。

 

 

時間の使い方は
大まかに言うと2段階あります。

 

 

その2段階の使い方
気を付けてみることで
さらに心地よいセックスを
堪能できてしまいますよ。

 

1段階目はムード作りから

最初から激しいピストン運動では
男性も女性も疲れてしまいますよね。

 

 

それだけじゃなく、
せっかくの良い雰囲気
台無しになってしまいます。

 

 

せっかくなら、
最初は2人の愛を確かめ合う
時間にしてみませんか?

 

男性はもう少しセックスに対して余裕を持つべきです!笑

 

ゆっくりと挿入することで、
お互いをより近くに
感じることができます。

 

 

女性の膣内は、
1回の出し入れごとに
形が変わっていくので
その変化を楽しむのも良いです。

 

 

ピストン運動のように速い動きだと
この変化を味わうことができません。

 

 

まずは2人で
ゆったりした時間を過ごしながら
ムード作りをしたいですね。

 

2段階目ではピストン運動で快楽の時間

1段階目で2人の愛を確かめ合ったら、
今度はお互いの性的快楽の
ための時間となります。

 

 

オーガズムを追求していくと、
男性は腰をさっきよりも速く
テンポよく動かします。

 

 

これがいわゆる
「ピストン運動」です。

 

 

テンポよく膣内に
ペニスを出し入れされると、
女性は男性のカリがGスポットを
刺激して快感を得ます。

 

きちんと前戯を行っていれば、女性は思わず声を出してしまうと思います

 

それだけでなく、
ペニスの先端でポルチオも
刺激されるとだんだんと
オーガズムに近付くでしょう。

 

 

しかし、ピストン運動は
速ければ速いほど気持ち良い
勘違いをしていませんか?

 

 

むやみに腰を速く動かすのでなく、
2人でもっと盛り上がれる速さ
追求してみるのはどうでしょうか?

 

 

その方が、お互いがお互いを
刺激し合っている様子が
よくわかるので良いでしょう。

 

 

ピストン運動は、
腰を速く動かすだけでなく
前後の動きでもあるということを
覚えておきましょう。

 

 

何度も経験を重ねていくうちに
お互いにぴったりの速さ
見付かるはずですよ。

 

どの段階でもオーガズムは我慢しない

オーガズムを感じるのは
ピストン運動のときだけとは
限りません。

 

 

ゆっくりとした動きのなかでも
女性がオーガズムを感じる
可能性はじゅうぶんあります。

 

 

そのときはオーガズムを
我慢する必要はありません。

 

 

逆に、女性がなかなか
イカないことを気にするのも
やめた方が良いですね。

 

 

次のページは、できるだけ長い時間
挿入を楽しむためのコツをまとめました。
現在早漏気味の人にはおすすめのテクニックです!

 

 

>>早漏対策のページに進む

 

【マル秘・人気ページ】
>>【男性向け】管理人の彼女がイきました体験話のページに進む

 

>>【女性向け】彼氏を気持ちよくする方法のページに進む

 

 

【関連ページ一覧】
>>気持ちいい体位のページ

 

 

>>前戯トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介