彼女に挿入のタイミングを決めてもらうのがベスト

どのタイミングで挿入したら良いかわからないという方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

あなたはどのタイミングで
彼女に挿入していますか?

 

 

男性側が「もう挿入しても大丈夫だろう」
勝手に判断していませんか?

 

 

それはとても危険ですし、
彼女を不安にさせてしまいます。

 

 

では、どのタイミングが
挿入に最も適したものなのでしょうか?

 

挿入のタイミングは女性が決断

挿入の前には、
前戯で彼女をほぐしてあげて、
男性側もフェラチオで挿入する
準備はしているはずですね。

 

 

ここで男性側が
自分も準備できているし、
彼女も濡れてるから大丈夫だろうと
勝手に判断するのはやめましょう。

 

これは失敗する原因の一つです!

 

挿入するタイミングは
男性ではなく女性が決める
のがベストです。

 

 

男性から見ると彼女の準備も
できているように見えても、
彼女自身はまだ準備ができていない
ということもあり得ます。

 

 

彼女側から入れても大丈夫だと
言ってくれる場合は良いのですが、
口下手だったり恥ずかしがり屋の
彼女の場合は男性の声掛けが重要です。

 

 

「入れても大丈夫?」とやさしく
彼女に問いかけてみましょう。

 

挿入は絶対にゆっくりしよう

実際に挿入するときは
できるだけゆっくり
挿入するようにしましょう。

 

 

いきなり奥まで挿入してしまうと、
小陰唇が膣の方に巻き込まれる
恐れがあります。

 

 

小陰唇が巻き込まれるのは
女性がとても痛い思い
することになってしまうので
注意してあげたいですね。

 

奥まで挿入すると女性が声を出すので、

感じていると間違えやすいので注意してください!

 

また、いきなり奥まで挿入すると
ポルチオに痛みが走ることがあります。

 

 

前戯のときにポルチオを
愛撫したからといって
いきなり挿入されると
痛くなってしまいます。

 

 

そのため、奥まで挿入するときは
彼女の様子を観察しながら
注意していきたいですね。

 

コンドームの重要さを認識しよう

避妊を希望しているのにかかわらず、
最初からコンドームをつけない
カップルはけっこう多いです。

 

 

よくあるパターンは、
はじめは生のまま挿入をして
男性のオーガズムが近づいてから
コンドームをつけるものです。

 

 

または、生のまま挿入をして
そのまま外に射精するという
パターンもあります。

 

 

これらのパターンのように
セックスをしてしまうと、
ちゃんと避妊できていない
ことになってしまいます。

 

 

コンドームの効果も減少します。

 

 

カウパー腺液には
必ず精子が混ざっているので、
生のまま挿入すること自体が
妊娠に繋がってしまうのです。

 

 

次のページでは、私が彼女を
絶頂にさせたマル秘テクニックについて解説します。

彼女がありえないくらい濡れてしまいます!笑

 

 

>>【マル秘】管理人の彼女が絶頂したテクニックに進む

 

>>【女性向け】彼を虜にさせるフェラテクニック法に進む

 

>>ピストン運動に最適な速さのページに進む

 

>>前戯トップページに戻る

 

 

【人気・関連ページ一覧】
>>気持ちいい体位のページ
>>早漏対策のページ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介