女性が感じる触り方って?

女性が感じる触り方がわからない男性へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性が感じるポイントは、
力を入れすぎないことです!

 

 

前戯に対する女性の不満である
触って欲しい場所を触ってくれない、
という悩みが解決できたら、
次は、女性が感じる触り方を学びましょう。

 

 

私自身この触り方をマスターしてから、
女性の体のどの部分を触っても
女性が声を出すようになりました(笑)

 

このページでは、

女性が前戯に満足できない3つのポイントの中の

Aつ目のポイントである【触り方】のお話です!

 

肌に触れるか触れないかの指圧

女性を愛撫する上で大切なのは、
適度な力加減です。

 

 

AVを見ていると、
おっぱいを力強くもんだり、
乳首を歯で噛んだりしていますが、
これは大きな間違いです!

 

 

女性が最も感じる触り方は、
肌に触れるか触れないかの指圧で

 

 

優しく
ゆっくり
焦らされながら

 

 

触られることです。

 

 

もう一度言います!

 

 

優しく
ゆっくり
焦らされながら

 

 

です!
これを意識するだけで、
女性の感度って本当に変ります!

 

優しくゆっくりというのは?

優しくというのは、
要するにおっぱいを力強くもんだり、
クリトリスを指で力強く触ったりしないことです。

 

 

首筋を指の腹で優しく撫でたり、
おっぱいを乳首に向かって優しく撫でたり、
することです。

 

 

ゆっくりというのは、
1秒で3cm進むくらいのペースで、
円を描くように愛撫していくということです。

 

 

この優しさとゆっくりさを意識するだけで、

女性は本当にどこを触っても

気持ちよく感じるようになります。

 

一番のポイントは焦らし

ここでもう一つテクニックを紹介します。
これは先ほどのページで紹介した、
「AV男優の加藤鷹さん」が語っていた
女性を感じさせる最も大切なポイントです。

 

 

それは何かというと、
焦らすというテクニックです!

 

 

いきなりクリトリスに触るのではなく、
まずはクリトリスの周りを優しく撫でていき、

女性が、

 

 

「あ〜もう早く触ってよ」

 

 

という気持ちになったら、
初めてクリトリスに触れる。

 

 

いきなり乳首を舐めるのではなく、
最初はおっぱいの淵から優しく触っていき、
女性が、

 

 

「そこじゃない!もっと先端を触って!!」

 

 

という気持ちになったら、
初めて乳首に触れる。

 

 

焦らしというテクニックを使うことによって、

男性に触られたという気持ちではなく、

女性が触って欲しいという気持ちになります。

 

 

これが女性が一番感じてしまう
マル秘テクニックなのです!

 

 

ただ、この女性が、

 

 

「もう限界だから、早く触って〜」

 

「もう限界だから、早く入れて〜」

 

 

というタイミングって、
男性からするとよくわからないものです。

 

 

次のページでは、女性の表情や声から、
今どういった気持ちになっているかについて
解説しました。

 

 

>>ステップB女性の気持ちを掴もうのページに進む

 

>>前戯トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介