熟年期になっても性欲が衰えないのは経験値によるもの

熟年期でも性欲が高まるのはなぜか知りたい方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

熟年期になっても性欲が
衰えないのはなぜだと思いますか?

 

 

年を重ねることによって、
ペニスが勃たなくなったり
挿入時に痛みを感じたりするように
身体に変化が起こります。

 

 

しかし、それだけでなく
性欲を失う方も多くなります。

 

 

自分はセックスをする気がなくても
相手はまだセックスを望んでいるのなら
夫婦関係が崩れるきっかけにも
なってしまうかもしれません。

 

性欲の有無で夫婦関係が崩れるのはもったいないですね!

 

それでも、頑張ったところで
性欲が湧いてこないのは
ホルモンの低下によるもので
あるからなのです。

 

熟年期の性欲とホルモン

月経前に性欲が高まる方がいるように、
女性の場合、更年期によって
性欲が高まる方と衰える方
分けられるようです。

 

 

女性は閉経をきっかけとして、
女性ホルモンのエストロゲンと
プロゲステロンの分泌量が
一気に減っていきます。

 

 

ただ、性欲を司る
テストステロンは男性のように
年を重ねるごとに少しずつ
減っていくのが特徴です。

 

 

このテストステロン値の低下により
性欲は減退していくのです。

 

 

欧米では、
テストステロン補充療法が一般的で
注射、パッチなどで補充することが
できます。

 

 

しかし、日本ではまだ
広まっていない方法なので
日本でも手軽に利用できるように
なってほしいですね。

 

経験によって熟年期でも性欲が起こる

閉経頃から女性ホルモンの
エストロゲンとプロゲステロンは
一気に減るので、テストステロンの
占める割合が増えていきます。

 

 

テストステロンの割合が
増えるということは、
性欲が増えるということです。

 

 

しかし、今までセックスに
関心のなかった方がいきなり
セックスをしたがるわけでは
ないのです。

 

 

セックスの素晴らしさ
よくわかっている方なら、
熟年期を迎えても性欲は
衰えることがありません。

 

 

セックスでしか味わえない
コミュニケーションなどを
「年をとっても味わいたい」と
思うからこそ性欲を感じるのです。

 

 

次のページは、熟年期でセックスを
するときの注意点やコツをまとめました。
熟年期でも無理なくセックスを
味わうコツがわかりますよ!

 

 

>>熟年期でのセックスのコツに進む

 

>>前戯トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介