不快感のある愛撫だったらすぐに伝えることが大事

不快な愛撫をやめさせたいと思っている女性の方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

セックス時に不快感をうまく伝える方法

 

 

女性は男性の愛撫を不快に感じても、
正直に伝えることが難しいのです。

 

 

しかし、不快感をそのままにすると、
男性は勘違いをしたままになってしまい、
女性も感じているふりをしてしまう
ことになります。

 

 

2人のセックスが充実するよう、
不快感は伝えていった方が良いです。

 

男性は勘違いをしやすい

男性は、アダルト作品を参考に
自分なりに工夫している方が多いです。

 

 

そのため、女性が本心で
「それは嫌」などと言っても、
甘い声に聞こえてしまっては逆効果です。

 

 

そうすると、勘違いをしたまま
愛撫を続けてしまう男性が多いのです。

 

結局女性にとって、不満足な前戯になってしまうのです!

 

女性のなかには、
愛撫を続けられないために
挿入をお願いする方がいます。

 

 

しかし、これも男性からすると、
もう我慢できなくなったから
入れてほしいんだなとますます
勘違いをさせるだけでしょう。

 

男性に伝えるテクニック

男性に不快感をわかりやすく伝えるには、
小声で「痛い」と叫び、
顔をしかめましょう。

 

 

ポイントは、わざとらしくなく、
思わず漏れてしまったように
言うことです。

 

 

そのように言われると、
男性も思わず手を止めます。

 

 

それと同時に
「この愛撫はいけないんだな」
理解させることができます。

 

 

まずは、不快な愛撫を
やめさせることが優先です。

 

 

また、より男性が傷つかずに
不快感を理解するためには、
気を遣った一言を添えると
効果的でしょう。

 

 

例えば、
「今のはちょっと痛いから、
もうちょっと優しく触ってほしいな」
などと言うと、男性も気付いてくれます。

 

 

男性にはわからない、
女性特有の生理現象
教えてあげるのも良いでしょう。

 

 

男性に不快感を与える愛撫を
やめてほしいのであれば、
不快に思った時点
伝えることが大事です。

 

 

後々になって男性に伝えても、
お互いに不満が募るだけですよ。

 

 

次のページは、セックスのときに
してはならないことをまとめました。
お互いを思いやるセックスが
大事だと気付かされますよ!

 

 

>>セックスのときにしてはならないことに進む

 

>>前戯トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TOP 彼女をイかすテクニック 彼氏を感じさせるテクニック 管理人の秘密 自己紹介